紙袋は広告になる

ノベルティグッズ

街を歩けば、色々なメーカーの紙袋、可愛いデザインの紙袋を良く見かけます。デザインが綺麗なものやカッコイイものがあると気になってみてしまいます。それと同時に、どこのお店だろうと思うでしょう。しかし紙袋はお店の顔なのです。その紙袋を持って歩いてくれるお客様が『歩く広告塔』に自然となってくれます。優秀な広告を賢く活用すべきです。しかし、市販の紙袋は『お店のイメージに合わない』と思っている方も多いかと思います。そんな時にオリジナルで製作してもらいましょう。でもオリジナルで作るとなるとコスト面やデザインで悩む方も多くいます。そんな時も製作会社ではコスト軽減やデザイン相談などしてくれます。実際にオリジナルで製作依頼する際に、どのような色が見やすくて広告にも使える色なのか紹介いたします。色には、イメージが付いていることがあります。例えば『赤』赤は熱そうとか、燃えるような情熱があるように見えますが、まさにその通りで、赤はプラスのイメージがあります。その逆に『青』は寒そうとか、冷たそうとマイナスなイメージが定着しています。そういったイメージがあるので、お店の雰囲気に合わせた配色をしましょう。見えやすい色には『補色』が良いでしょう。補色とは『反対の色』になります。例えば、赤なら青緑や紫なら黄色と言った『反対色』だと目立ちます。しかし、その配色だと、目立ちますが、目にきついイメージをあたえてしまい。あえてその配色にする方もいます。色のこともネットで勉強できるので、自分のお店のイメージカラーなど決めて、オリジナルの紙袋の製作依頼をしましょう。

のぼりで効率良く集客

レディ

広告には様々な方法で行ないます。チラシや看板などありますが、のぼりは効率的に集客効果があります。自分のお店や会社のイメージに合ったのぼりを製作会社に依頼しましょう。

パンフレットの制作依頼

広告宣伝

パンフレットの製作を検討している会社も多くあります。しかし、ほとんどが『デザイン』から決めていく会社多いでしょう。しかし、そうすると製作期間が伸びてしまう場合があります。しっかりとした手順で依頼しましょう。

効果的な使い道

看板

スタンド看板は現在様々な場所で使用されています。また、一言でスタンド看板と言ってもその種類と用途は非常に多様です。店舗の第一印象を決めると言っても過言ではないメイン看板では店の名前を記載するのが一般的です。